意外に簡単!相手との距離を縮める一言

こんにちは!

あなたは、

相手との距離感にすごくストレスを感じたりしていませんか?

「近づきたいけど、近づけない」

「馴れ馴れしいと思われたくない」

このような葛藤を抱える人が多く

結構、距離感が遠いがゆえに

「自分はコミュ障だ」と思っている方が多いです。

相手との距離を縮める一言

今回は、あなたに

相手との距離感を適切に詰められる

会話に添えるだけの

一言をお伝えしますね。

それは、意外に簡単で

相手の名前を、言葉の前につけるです。

【相手の名前を付けることのメリット】
①会話の主語がわかる
②相手に好感を持ってもらえる
③相手の名前を忘れにくくなる

メリットの解説

①会話の主語がわかる

会話中につい忘れてしまいがちなのが、

会話の”主語”

日本人は「察して」と言わんばかりに

よく会話の主語を省略します。

省略することで、

会話自体は簡潔になりますが、

・誰についての話なのか?

・誰に向けての話なのか?

会話の内容を頭で整理しながら聞かざる得なくなるのです。

コミュ障と自覚のあるあなたには

自信をもって会話ができるまでは

まずは、主語を意識した会話を心がけることをお勧めします。

例として挙げるのであれば

会話で、

「○○ちゃんは、どう思う?」

「××さんは、~~思うんだね♪」

と、名前を付けるだけで

話しの内容がわかりやすくなります。

②相手に好感を持ってもらえる

あなたは、

(嫌いな人は別として)

名前を呼ばれて嫌な気持ちになりますか?

名前を呼ばれる事に嫌悪感を抱く人は少ないです。

初めの

「馴れ馴れしいと思われたくない」

と思っているあなたは

名前を言葉に出すのに抵抗があるかもしれません。

でも、そこで気を付けなきゃいけないことは、

名前ではなく、

言葉の言い回しや語尾、敬称です。

「馴れ馴れしい」と感じる主な原因は

質問や言葉の言い回しなどが「親しすぎる口調」なためで、

相手の思い描いている距離感と

こちらがとる距離感が違うため生まれる嫌悪感ですので

名前を呼んだからと

大抵の方は、嫌悪感を抱いたりはしないのです。

イメージ的には

「会話の初めに相手の名前をつける」=相手の家のインターホンを押す程度の行為

(例:「○○ちゃん聞いて聞いて」「××さん、~~についてなんだけど」)

「主語なく話す」=相手がいるかわからない家の壁に話しかける行為

(例:「~~について思うんだけれども」「***は、私は~~思う」

「親しすぎる口調」=相手の家の中に許可なく入る行為

(例:「○○ちゃんって~~だよね!」「××って***でしょ?」)

誰だってインターホンを押す程度では馴れ馴れしいとは思いません。

むしろ、相手も来ると思っているわけですし

知り合いが来てくれたのであれば尚のこと抵抗はないです。

③相手の名前を忘れにくくなる

今回、初めて会って次回会った時に

一番失礼なことが

相手の名前を忘れるということです。

会話の初めに「××さん」と一声繰り返し添えるだけ

自分自身が名前を憶え

相手の名前を忘れるということを回避する事ができるのです。

まとめ

≪今回の話≫
・会話の初めに名前をつける。
・会話の主語がわかるメリット
・相手に好感を持ってもらえるメリット
・相手の名前を忘れにくくなるメリット
 について話をしてきました。
会話の初めに相手の名前をつけることで
多くのメリットがあります。
これで、相手という玄関で
インターホンを押す程度であれば
今のあなたでもすることができるようになったでしょう。
あとは、
・どうやって扉を開けてもらうか
・どうやって玄関の奥にあげてもらうか
ですね。
上記2点については、これから
一緒に学んでいきましょう(^^)
まず今回は、
相手の名前を読んでみる。にチャレンジを!
物は試し!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする