人との距離を縮められるたった2つのテクニック

今回は私も面接やイベント時に実践している

「人との距離を縮められるたった2大テクニック」

をご紹介いたしますね。

あなたも最近知り合った人と親しくなりたいけど

なかなか距離感を縮めらず困っていませんか?

私が主催しておりますカフェ会の参加者の中にも

「人との会話が苦手で、上手に話せるようになるために参加しました。」

「職場での人間関係や、友人関係に困っています。」

という相談で参加される方も少なくありません。

みなさん口に出さないだけで

多くの方々が人と親しくなるのにはどうすればよいのか?

と困っています。

そこで、今回は

親しくなるためのテクニックについて紹介します(^^♪

テクニックを知る前に大事なこと

まず、人と上手にコミュニケーションをとってもらう

前提として知っておいて欲しいことは、

相手に「安心感」を抱いてもらう必要があるということです!

安心感を抱いてもらうなんて、短時間には無理だ!

だなんて思っていませんか?

あなたが思っている以上に

相手との会話を意識するだけで

短期間でも「安心感」を抱いてもらえるものなんです。

では、どうすれば安心感を抱いてくれるのか

そのテクニックをご紹介しますね

相手が安心感を抱いてくれるテクニック

オウム返し

あなたに行っていただきたいテクニックの一つが

【オウム返し】です!

一般的に、

人は自分が話した言葉や内容を相手に繰り返して言われると

相手に「理解してもらえた」という感覚になり「安心感」を抱きます。

例えば、以下のような会話でも無意識に「安心感」を抱くのです。

今度一緒に映画を見に行こうよ!○○ちゃんはどんな映画が好き?

私は、恋愛映画が好きかなー

そうなんだ!○○ちゃんって、恋愛をテーマにした映画が好きなんだね!

「たったこれだけ!?」

と思う方もいると思いますが

『たったこれだけです!』

ただ補足させていただくと

一回だけオウム返しするのでなく、会話の節々に挟んでみたり

言葉も全く相手の言葉通りではなく、自分の言葉に言い換えたりすることで、

自分の理解や関心があることが相手に伝わり

徐々に相手はあなたに「安心感」を覚えていきます。

相手を真似る

もう一つあなたに

意識してやってみて欲しいことは

相手を【相手を真似る】です!

あなたも、趣味や好み、出身が一緒の人に対して

無意識に「親近感」を抱くことがありませんか?

この「親近感」が、

自分の味方がいるという「安心感」につながるのです。

さらに言えば、親近感を抱いてもらうのに

必ずしも地元や好みが共通である必要はありません!!

相手を真似てみるだけでいいのです!

会話の中で、さりげなく

相手のしぐさや声の調子、テンションを真似て合わせるだけで良いのです。

そういったさりげない配慮で、

相手は親近感を抱き、距離を縮めてくれるものなんです。

つまり、「自分と似た人がいる」という認識を

相手に与えられればよいのです(^^♪

まとめ+α

いかがでしょうか?

今回紹介したテクニックは2つ

①相手の言葉をオウム返しする!
②相手の行動を真似る!

無意識にこれら二つのことをしていた方もいらっしゃれば

全くそんなことは気にしたことがなかったという方も

いらっしゃったのではないでしょうか?

私自身、断言して言えることは、

たった2つのことを意図的にするだけで距離感が縮まります。

でも、

相手の言葉を繰り返す、相手と同じ言動をするだけですし

簡単ですよね?

物は試しです(^^♪

まずは、実際に使ってみてください

さて、

ここまで読んでくださったあなたにだけ

この2大テクニックの重要ポイントをお伝えしますね(^^♪

それは【さりげなさ】です。

今回伝えたテクニックは

少しずつ始められる簡単なテクニックですが、

過度に行うと相手に不快感を与えかねない

テクニックであったりします。

ですので、

相手が自分の言動に気づくか気づかないかのさじ加減が大事です!

「さりげなさ」

これは、テクニックが頭にあっても

実際に使ってみなければ

・どれくらいの頻度がよいか

・どれくらいの表出が適切か

・相手がどのように反応するのか

わからないものでもあります。

ですので、

まずは、あなたにはこの二つテクニックを頭に

いろんな人に会って実際に使ってみて

自分に適したさじ加減を

知ってもらいたいと思います。

再度、お伝えしますと

『物は試し』です!